不動産持分の売却について困ったときのための基礎知識まとめ

不動産持分の売却について困ったときのための基礎知識まとめ

誰にとっても訪れるのは、両親がなくなってしまうことです。
これは会者定離と言って、例え親であっても永遠の別れがいつかはやって来るんです。
悲しみに打ちひしがれるものの、それにどっぷりと浸っているわけには行けません。
日は無常に過ぎ四十九日を迎えるころには、遺品整理や遺産分割を行わなければいけないのです。
土地家屋の不動産の遺産分割ではトラブルも多く、法律や仕組みをしっかり知っておく必要がありここでは基礎知識をご紹介していきましょう。
不動産共有名義や不動産持分、またそれの売却やそれにまつわるトラブルなど基礎知識を紹介します。

不動産相続にまつわるトラブル


土地家屋の不動産を相続することは、だれの目から見てもうらやましいことです。
それを受け継げば、自己資金を急激に増幅させることが出来るからです。
土地の評価格が数千万円や億を下らない物件であれば、相続することで一気にお金持ちになり富裕層の仲間入りを果たす人も珍しくありません。
だが不動産相続にはメリットばかりがあるわけではないんです。
とくに兄弟が多く、不動産を遺産分割する際にはトラブルがつきものと言っても過言ではありません。
兄や姉が両親の所有する土地家屋に同居したり、介護を目的に住み込んでいるとなかなか思うように相続や分割ができないものです。
兄弟の中には、早く物件全体を丸々売却し現金化してそれを兄弟間で分けたいと考える人も多いです。
だが兄や姉が実家を頑として出ていかない、売却する事に応じないとなると分割は一向に進んではいきません。
いったん売却をあきらめて共有名義にするも、名前が記載だけであっていつ現金を受け取ることが出来るかもわからないんです。
このように兄弟間でも価値観や考え方が異なり、それが次第に献花など兄弟の骨肉の争いになっていくことも多いのです。
これは富裕層に限ることではなく、親が物件を持っていたら誰にでも起こり得ることです。

不動産分割の話し合いがまとまらない場合

そうはいっても、いつまでも姉や兄が親の不動産に住み続け独占するのはおかしい話です。
そして遺言書がない場合は遺産分割は平等に行われるべきことであり、それは法律で守られてもいます。
遺言書があってすべてを長男に土地建物を残すと記されえていたとしても、ほかの兄弟は遺留分として遺産を分与される権利があります。
いずれにしても両親が亡くなった以上は、きちんと遺産相続の話し合いをk東大間で行わなければなりません。
最もベストな方法は、やはり弁護士や司法書士など法律のプロが立ち合いの下で遺産分割協議をしていくことです。
それがかなわない場合には、代理で弁護士に交渉のテーブルについてもらうことも可能です。
だが弁護士を代理で交渉しても、兄弟が首を縦に振らなければ交渉決裂です。
調停に持ち込んだとしても兄弟がきちんと法廷に出向かなければ、分割協議は不調で終わってしまいます。
このように話が平行線で一向にまとまらないことも多いです。
この場合には不動産持分の売却で決着をつけるやり方もあります。
不動産持分売却は最後の砦と言っても過言ではありません。
不動産持分売却においてはほかの兄弟の了承なくして、本人の一存で自由に売ることが可能となってます。

不動産持分売却での困ったことと解消法


兄弟の間で話し合いが付いたかと思われたのに、いったん共有名義で売却は先送りということで全員一致で納得したのにもかかわらず、ある日突然不動産持分売却が兄弟の中からされることがあります。
まさに青天のへきれきとしか言いようがありません。
しかしこれは法律で守られた権利であるために、異議申し立ても通らない可能が高いんです。
不動産持分売却は第三者への権利の譲渡になり、残された共有名義の兄弟たちは赤の他人と不動産を所有することになります。
そこにはトラブルや困りごともつきものであり、兄弟間の遺産分割よりも話が複雑になるケースも珍しくありません。
第三者の名義人が、住み続けるのであれば家賃相当の現金を毎月払うように迫ってくることもあります。
身内ではなく他人であるので容赦なく請求されるのです。
こうした困ったときの解決法として有効なのは、やはり司法の助けを得ることでしょう。
調停や裁判所に持ち込んで、和解勧告をしてもらったり必要に応じて現物分割・競売・価格賠償などの方法で分割するしかありません。
不動産持分売却は、当の本人は厳禁がすぐに手元に入りメリットが大きいものの、残った名義人の兄弟が第三さÝの名義人と争う形になりかねないので、不動産持分売却は慎重に行う必要があります。

まとめ

両親から不動産の遺産を相続する場合、兄弟間でトラブルになることが多いです。
超軟調世がそこに住み続け、売却して現金で分割することを嫌がることが多いのです。
この場合、兄弟間で共有名義にして売却を先送りすることが多いです。
しかし話がまとまったと思ったら一転、兄弟の一人が不動産持分の売却をすることがあります。
これは残された兄弟の名義人と第三者の名義人がトラブルになりやすく困り果ててしまうことがあります。
解決を図るには司法の力を借り、調停や裁判に持ち込んで和解勧告や現物分割・競売・価格賠償などの方法で分割で解決を図ります。

おススメサイト
不動産持分の売却したいけどやり方が分からない方へ
専門家が共有持分の売却方法や注意点を解説しているのはコチラ