2022年7月13日

不動産持分の売却で用意する書類

投稿者: admin_hellerlevinson

不動産持分の売却の流れとは?

複数の人で分割で所有している不動産持分を売却する方法はいくつかあります。
基本的には共有している人たち全員の同意が必要になります。
売却方法は単独で保有している人ほとんど変わりませんが、すべてにおいて権利者全員の手続きが必要です。
一人でもかけたら成立しないので、しっかりと話し合っておく必要があります。
よくあるトラブルとしては、聞いていなかったことや理解していなかったことで起こります。
しっかりと経緯や目的を説明して、はっきりさせてから始めましょう。
全員の書類を用意して手続きを行います。
万が一、単独で自分の不動産持分だけを売りたいとなった場合には、どこまでが自分の所有かを明確にする必要があります。
地積測量図や境界確認書が必要になりますが、元々ないこともあるので土地家屋調査士に依頼しなければいけません。
この場合、時間がかかるのとコストが発生することも覚えておいた方がいいでしょう。

不動産持分の売却に必要な書類とは?

不動産持分の売却で必要な書類は、登記識別情報と地積測量図、境界確認書です。
前者は権利を示すもので、後者はその範囲を明確にするものです。
これに合わせて、共有者全員が用意すべき書類として、印鑑証明書と住民票、身分証明書があります。
また書類に使うために実印も用意しておきましょう。
手続きは個人ではできないので、行政書士などに依頼する必要があります。
ここで最も大変なのが権利者の書類を集める作業です。
中には忙しいことや海外にいることで対応できないなどのトラブルも発生します。
このような状況をあらかじめそうてして、早めに行動を始めることが重要です。
売却するとある程度の収入が得られることになるので、その分割についても事前に決めておくと安心です。
基本的には不動産持分の割合で分割するのが自然ですが、ここでももめる恐れがあります。
全てにおいて記録を残しておくことも重要です。
そしてその記録は全員が内容の確認をしておく必要があります。

まとめ

不動産持分の売却の手続きはとても大変で、個人で行うことは容易ではありません。
司法書士などの手を借りて処理することが必要です。
費用は発生しますが何度も行政とやりとりするのは大変です。
何度も書類を用意するのも大変で、そのことがトラブルになる恐れもあるので、注意しましょう。
まずは必要書類が何かを司法書士などに確認することから始めます。
この時も権利者全員が同席しておくと、食い違いが少なくなり後で揉めることがすくなくなります。